操作

Operation

始動

一般のプログラムと同様 TWEProgrammer.exe を起動します。

必要に応じて起動オプションを設定可能です。

起動時に MONOSTICK や TWELITE R を自動検索し、その接続デバイスにアクセスします。その接続デバイス上で動作中のプログラムは停止します。

複数デバイスを接続している場合は、どのデバイスが開かれるかは指定できません。

USBバスに様々なデバイスが接続されている場合、稀に TWE Programmer が起動できない場合があります。この場合は、ほかのデバイスを外してみてください。

TWE Programmer が始動すると、以下のような画面が出ます。オプションの設定やUSB接続状況によって表示は違ってきます。

基本的に以下の流れとなります。

  1. COMポートの選択

  2. ファームウェアファイルの指定

  3. 書き込み操作

  4. リセット、ターミナルの操作

始動画面例

操作の解説

ファームウェアの書き込み

ターミナルの接続

キー操作

ターミナルのログ

ターミナルで対応するエスケープシーケンス