よくある利用法

Use case

ファームウェアを書き込まずターミナル接続したい

COMポート選択後、[TWELITEのリセット] ボタンを押してください。

動作中のTWELITEをリセットしたくない

起動時のコマンドラインオプションにて -c を設定して起動します。

開発中にファームウェアを頻繁に修正・書き込み・動作確認を行う

ファームウェアを修正しては、ターミナルで動作を確認するような作業をする場合は、ファームウェアをビルド後 [Ctrl+Alt+W] を押します。

ターミナル接続中でも、直前に書き込んだファームウェアを書き込み、ターミナルに再接続します。

サポートを受けるとき

ターミナル領域の文字列をクリップボードにキャプチャする

[copy]ボタンを押します。ターミナル接続中は [Alt+C] も利用できます。

クリップボードに文字列がコピーされるので、これをお使いのメーラの文中に貼り付けてください。

ターミナルログを記録する

動作中のメッセージの記録が必要な場合はターミナルログを記録し、これをメールに添付したり、必要な部分を貼り付けます。

ターミナルログを入手するには [ターミナルログを保存する] をターミナル接続前にチェックしてください。

ターミナル切断時に記録されたファイルが notepad.exe で開かれます。ファイル(twelog.log)の置き場所は TWE-Programmer.exe を格納したディレクトリです。